専属運転手ってどんな仕事?どうやったらなれるの?


専属運転手の仕事内容

専属運転手とは、特定のクライアントのために車で送迎する仕事です。お抱え運転手と呼ばれることもあります。例えば、大企業の社長が自宅と会社の通勤に利用したり、打ち合わせ先への移動に利用したりしています。他にも、政治家や芸能人といった、個人で利用している人もいるようです。メインの仕事はもちろん、クライアントが指示した場所まで車を運転することです。しかし、一般的には待機している時間のほうが長く、辛抱強く待つことも仕事の一部とされています。

また、プライベートな会話や事業に関わる重要な話しが車内でされることも多く、情報を第三者に口外しない口の堅さも必要でしょう。さらには、丁寧な言葉遣いや細かい気配りができることも必須のスキルとされています。場合によっては、秘書業務を兼ねることもあるようです。

専属運転手になる方法

タクシー運転手と違って、2種免許を所持していなくても専属運転手として働くことはできます。つまり、普通自動車免許を持っていれば、応募資格があるということです。専属運転手の求人の種類としては、大きく2パターンにわかれます。専属運転手を雇いたいと考えている企業が、直接求人を出しているケース、そしてもう一つは専属運転手を派遣している企業が、職員を募集しているケースです。後者の場合は、未経験者でも可能としている会社もみられます。いずれにしても、これまでの運転経験を活かせるという理由から、タクシー運転手から専属運転手へと転職する人も珍しくないようです。

会社の役員のために運転手が必要な場合は、人をひとり雇うとかなりの費用になるため、運転手の派遣が良いです。

Share