あなたに合った工場の仕事はどれ?自分にピッタリの求人を選ぼう!


多種多様な工場の求人

工場の求人サイトを見ていると、実にさまざまタイプの工場の仕事があることがわかります。多くの求人のなかから自分の体力や年齢に合った仕事を選ぶにはどいう視点を持ったらよいか考えてみましょう。

お金を稼ぎたいなら期間工か工場の夜勤!

「とにかくお金を稼ぎたい!」という人には、期間工がおすすめです。期間工とは一定の期間を決めて自動車関連の工場などで働く仕事で、受注量が急増したときなどに求人が出されます。入社準備金や祝い金がもらえることもありますし、夜勤や残業もあって高収入が見込まれるのです。期間工の仕事がないときは、工場の夜勤をすれば割増で時給が支払われますから、やはり、高い賃金が期待できます。ただし、夜勤は慣れるまでは体力的にツラいこともあるため、若い人や体が丈夫な人に向いている仕事です。

体力に自信がないなら、日勤の工場!

高齢の人や久しぶりに仕事を始める人など、体力に自信がない人は、日中の仕事が中心の工場を探しましょう。毎日、決まった時間に始まって、決まった時間に終わる仕事をすると、一定のリズムができて働きやすいことが多いからです。食品や医薬品などに関連した工場では、衛生に気をつかいますが体力はあまり必要ではない仕事もあります。

求人サイトを見るときはここに注目!

特別な理由なしに年齢・性別を限定して求人することは法律で禁止されていますから、求人サイトでは、求めている人物像をさりげなく暗示しています。そこから作業の内容を想像しましょう。たとえば、「幅広い年齢の人や女性が活躍」と書いてあれば、軽作業が多いとわかります。「男性スタッフが活躍」とあれば力仕事が作業の中心だと考えられます。写真やイラストも参考にしながら、自分に合った仕事を選びましょう。

utエイムの求人情報なら

Share