外資系企業の魅力とは何?働くには英語が必要なの?


外資の企業にも4タイプあり!

一言で「外資系企業」といっても、4つのタイプが存在します。第1に、外国の企業が日本に支社を出したもの。第2に、外国人が設立した企業。第3に、日本の企業が外国の企業と共同で設立したもの。第4に、外国企業が日本の企業を買収したもの。企業の成り立ちや歴史によって、企業風土は違っています。

高い報酬と充実したプライベート!外資系企業の魅力

日本の企業では、他の人と一緒に長い時間をかけて仕事をする文化があります。長時間の残業もいとわず、家庭よりも仕事を優先して頑張っていたら、結果はどうであれ「熱心に努力した」という評価を受けるでしょう。しかし、外資系企業では、長い時間働いても結果が出なければ意味がないとされます。反対に、結果さえ出ていれば評価され高い収入につながります。仕事ができる人は、プライベートの時間を大切にしていても充分な報酬を受けられるのが外資系企業の魅力です。

外資系企業で働くにはどんなスキルが必要?

外資系企業で働くというと、上司や同僚とのコミュニケーションに英語が必要だというイメージがあります。確かに、海外からの連絡が入ることが多い企業では、英語を社内公用語にしているケースも見受けられます。しかし、日本で企業活動を行う以上、取引先や顧客は日本企業や日本人が多いでしょう。そのため、勤務する部署によっては英語力はそれほど必要ではないのです。

英語力が不足していても、積極的にコミュニケーションを取ろうとする態度は必要です。日本流の「以心伝心」は通りませんから、自分の考えをはっきりと表明しなくてはなりません。また、他の人からの指示を待つだけではなく、自分から行動する人が評価されます。自分で問題を見つけ出して解決方法をさぐる力が外資系企業では重要なのです。

外資 IT企業の仕事内容は国内企業とほぼ同じですが、外国人と接する機会が多いので英語の会話能力は必須です。ボイスチャットを行うことも多いので、訛りやスラングを理解できる読解力も重要になります。

Share