戦力になってくれる新卒採用をするためのコツ


書類選考よりも面接を重視しよう

会社が成長し続けるには新しい力を取り入れていく必要があります。そこで、重要なのは新卒採用にて期待できる人材を確保することです。将来的に会社の戦力になってくれる新卒採用をするためのコツは、書類選考よりも面接を重視することです。書類選考だけでも学歴や志望動機、特技などの情報はわかります。しかし、書類選考の時と面接の時で印象が大きく異なる可能性がありますし、面接の方が応募者と直接対面してやり取りしている分、正確に評価することができます。応募者が多くなると面接に充てる時間が増えるため、大変なことです。それでも、戦力になってくれる人材を見つけ出す方法として効果的なので、面接で多くの応募者に会うことをおすすめします。

採用してから数年後の姿をイメージする

書類選考や面接を経て最終的に採用する人材を決める際は迷う場合があります。採用するということは育成のコストが発生しますし、応募者の人生を変える可能性があるからです。また、悩む理由として人事担当者の意見が分かれることもあるでしょう。悩んでなかなか決められない時は、採用してから数年後の姿をイメージする方法が効果的です。期待している通りに育っている人材なら採用する価値はありますし、なかなかイメージできないならもう少し検討すべき人材と言えます。選考を丁寧に行い、最適と判断した人材を採用したとしても絶対にイメージ通りに育つとは限りません。しかし、少しでも期待できる方が選びやすいですし、育成に力を入れることができます。

新卒採用コンサルティングは、常に最新情報を得ることができて学生の就職活動をバックアップしていきます。

Share