初の外資系への転職!求められるスキルは?


高いレベルの英会話能力

外資系は海外の企業が日本に進出している訳なので、当然外国人と関わる場面が多いです。もちろん同じ日本人と関わることもありますが、やはり高いレベルの英会話能力は必須です。外国人と滞りなく英会話ができる必要があり、単語を並べるだけの能力では仕事になりません。英語を使って様々な交渉をしたり、時には冗談を言い合って仲を深めることも大切です。仕事でしか使わないような専門的な言葉はその都度覚えれば良いですが、日常的に使うような単語はマスターする必要があります。

斬新かつ的確な発想力

外資系企業は、小さなマーケットで勝負している訳ではありません。日本だけでなく世界を動かすようなビジネスをしていると言っても過言ではないのです。優秀な人材が群雄割拠する中で自分が輝く為には斬新かつ的確な発想力が大切です。発想力に関しては外資系以外でも必要ですが、更に高いレベルを求められます。オーソドックスな視点はもちろん、物事を色々な角度で見て戦略を考えなければいけません。

仕事に対する積極性と行動力

仕事に対する積極性は大切で、特に外資系の場合だと積極性がないとやる気に欠けた人材だと判断されやすいです。斬新かつ的確な発想で戦略を考えたら、即行動に移さないと意味がありません。ただ、外資系は失敗に対してシビアなので注意が必要です。失敗が多いのであれば、突然解雇されることも珍しくありません。試行錯誤をすれば良いという考えではなく、積極的に行動して尚且つ成果を挙げる必要があります。

経理の転職の際に過去の職務経験を活用する方法が取れます。転職活動を始める前にカウンセラーに相談する事もできます。

Share