女性が外資系企業へ転職するメリットとは?


女性であっても男性と同じように出世のチャンスがある

日本企業だと管理職の女性の割合は1割程度ですが、欧米では3~4割が主流です。日本企業は結果を出したとしても女性であるという理由だけで昇格できないケースがありますが、外資系企業だと男女関係なく出世のチャンスがあるので、管理職に就きたいと考えている女性に最適です。

目標を達成した時のリターンが大きい

外資系企業はチームワークより個人の能力を重視している面が強いので、成果を上げた時のリターンが大きいという特徴があります。時には高い目標を課せられることもありますが、頑張ってそれを成し遂げた後には昇進や昇給につながるので、やりがいがある仕事といえるでしょう。

成果を出していれば柔軟に休みがとれる

日本企業では自分の仕事は終わっているのに、他の人が残業しているので帰ることができないというケースが多いのではないでしょうか。それは残業することが仕事を頑張っているというアピールになっているからです。一方、外資系企業は残業ばかりしていると、仕事ができない人に思われてしまいます。これは個人の効率的な働き空を重視しているからです。したがって外資系企業では、成果を出していれば柔軟に休みをとることができます。

産休や育休に対する制度が充実していて理解がある

日本企業だと子どもが生まれると産休や育休を取りづらく、結局退職してしまうケースが多いのではないでしょうか。一方、外資系企業は女性の社会進出に理解があるので、在宅勤務や時短勤務などで子育て中でも働きやすい環境を整えています。このように外資系企業は、結婚や出産をしてからも働ける環境になっているので、ずっと働き続けたいと考えている女性に最適です。

外資系転職を検討する際は仕事内容と自身の希望が合致していることが重要なポイントです。外国の法人や個人が出資しているとはいえ、業務内容が必ずしも国際的な物とは限らない点を注意する必要があります。

Share