薬剤師になるには?必要な資格や求人の探し方などを詳しく紹介


薬剤師はどんな仕事をする人か

薬剤師は、病気にかかっている人や怪我をしている人に向けて、調剤を行ったり必要な医薬品の供給をする者の事です。初めて薬を服用する人には、服薬指導なども行います。お医者さんが出した処方箋の情報を見て複数の薬を調合する時は、薬同士の効果の確認を行いながら、服薬時のリスクがないかどうかも確かめます。患者さんが他の病気で別の薬を使用している時は、その薬との相性を確認する事も大事です。いずれにしても、健康や命に係わる仕事が多いため、細心の注意を払いながら業務を行う必要があります。

薬剤師になるには国家資格が必要

薬剤師になるために必要なものは、国家資格である薬剤師免許です。免許をもらうためには、薬剤師国家試験に合格する必要があるでしょう。しかし、試験を受けるためには、六年制の薬学部か薬学学校で学ぶ必要があるため、すぐにとる事はできません。長い年月をかけて、様々な分野を勉強しなければならないため、先を見据えて進路を選ぶ事が重要です。

薬剤師の仕事を探したい時は

インターネットなどを利用して自分で調べるか、公共職業安定所で条件にあった求人を探してもらうと良いです。働きたい仕事先が明確に決まっている場合は、積極的に自分で求人を申し込む事で、手早く就職活動を行えます。就職に対してのビジョンがぼんやりとしか決まっていない場合は、公共職業安定所の人のアドバイスをもらいながら探していく事をおすすめします。しかし、シニア層が求人を探す場合は、なかなか仕事先が見つけられない事が多いため注意が必要です。給料が少なかったり、労働環境が良くなかったりなどするため、自分で探すと時間がかかる事が多いです。

薬剤師のシニア求人を募集する医療機関は多いです。求人への応募を考えている場合には、勤務時間や休日の回数などを確認することが大事です。

Share